失敗も成功も
成長の通過点

本社|業務部 部長

I.HIDEKI

PROFILE

水登社への入社前は、外資系メーカーでの保守点検業務や、輸送サービス企業での運送業務、食品メーカーでの営業など様々なステージを経験。水登社入社後は、製造業務に携わった後に水登社がグローバル企業として成長する足掛かりとなる無錫工場の立ち上げに関与。2回の中国工場立ち上げ貢献後に製造部長に就任。現在は業務部部長として、製造をサポートする部署を取りまとめている。

人生の新たな一歩を
踏み出せたと感じた

一番印象に残っているのは、2003年。水登社初の海外進出の立ち上げに携わったことですね。中国の無錫工場設立は本当に苦労の連続でした。まず工場の建設段階でトラブル続出。その後、現地で採用した従業員の教育にも四苦八苦と、怒涛の日々が昨日のことのように思い出されます。でも、そのような状況であったからこそ、現状の打開方法を常に考えながら、行動するようになりました。ひとつ、またひとつと試行錯誤を重ねながら現地の社員と困難を乗り越えながら前に進んでいることを実感しながら、団結力が強まり一体感が生まれる日々は、大変でしたが充実したものでした。そして何とか工場の操業が始まった約2ヶ月後、無事に出荷梱包まで完了した初製品を私自身の手でトラックに積み込んだ時は、今までの苦労が吹き飛び、同時に関わった全ての方への感謝が溢れて涙が止まりませんでした。 私一人の力では到底成し得ない事だったので、泣きはらして目を真っ赤にしながら、達成感でいっぱいの仲間たちとみんなで大いに笑い合いました。

時の流れと共に
会社も自分も変化を遂げた

水登社に入社してから、一番大きく変わったと感じる部分は、やはり物事の捉え方と考え方ですね。若い頃は先輩・上司などの誰かに認めてもらいたくてがむしゃらに作業・業務に取り組み、自分の価値を大きく見せようと背伸びしていました。ただ、中国での工場経営に携わった経験、そして組織が大きくなるに連れて会社を動かすためには個では無く、全従業員一人ひとりの働きによって成り立つ事を痛感しました。そこからは、よりいろんなことに感謝しながら働くようになりましたね。
会社も100年という節目に向けて、入社時とは大きく変貌を遂げていっていると感じます。従業員数や会社規模、売上はグループ全体で約7倍になりました。成功も失敗も、あらゆる経験を糧にして成長してきた自分だからこそ、水登社100年を担う若い人たちには「失敗を恐れず興味を持ってチャレンジする」ことの大切さを伝え、それをサポートしていきます。

若い世代には
現代らしさが必要

水登社はトップ自ら柔軟な考えを持ち、変化を受け入れ常に新しい事へチャレンジしていく姿勢をもつ会社です。同様に従業員が自らやりたいと声が上がればどんどんチャレンジさせてくれる社風があります。会社に求める働き方もそれぞれです。若い世代の新しい考えが次代に活かせるよう、まだまだ私たちも思考の変化と成長が必要です。企業理念の元、皆が幸せを追求出来るよう、各々の意見を尊重しながら、共に活躍できる働き方を見出していきたいと思います。

INFORMATION

採用情報のご確認やエントリーはこちら

新卒採用対象の方

株式会社水登社の採用情報株式会社水登社の採用情報

株式会社水登社は兵庫県内の財務面・制度面に優れた企業(優良中小企業)のみが掲載される就職情報サイト「JOBSCORE(ジョブスコア)」の掲載基準突破企業に認定されています。株式会社水登社は兵庫県内の財務面・制度面に優れた企業(優良中小企業)のみが掲載される就職情報サイト「JOBSCORE(ジョブスコア)」の掲載基準突破企業に認定されています。

中途採用対象の方

株式会社水登社の採用情報株式会社水登社の採用情報